難消化性デキストリンには副作用などの心配や体への危険性はあるの?

難消化性デキストリンというものがダイエットに効果があると

注目を集めていることをご存知でしょうか。

 

 

科学用語のような難しい名前ですし、

どんなものが分からないという方は副作用などが心配になりますよね。

 

 

薬に使われていそうな名前の難消化性デキストリンですが、

人体への危険性などは大丈夫なのでしょうか。

 

 

いくらダイエットに効果的と言われていても

危険性があるものは避けたいところなので、

難消化性デキストリンの副作用や危険性について調べてきました。

 

 

難消化性デキストリンってどんなもの?危険性はある?

難消化性デキストリンがダイエットに効果的と言われているのは、

その実体が食物繊維の一種だからです。

 

 

食物繊維と聞けばダイエットに効果があるとされるのも納得ですよね。

 

 

難しい名前をしていますが、お薬や強い成分ではないので

人体への危険性はありません。

 

 

しかし注意したい点は原産地です。

 

 

難消化性デキストリンの原料はとうもろこしで、

日本の製造会社などはコスト削減の為に輸入に頼っているのが現状です。

 

 

輸入は主にアメリカからなのですが、

アメリカで生産されるとうもろこしの

90%以上が遺伝子組み換え食品なんです。

 

 

遺伝子組み換え食品で健康被害は報告されていないようですが、

遺伝子組み換え食品を食べた虫が死んでしまう事はあるようなので、

虫が食べて死ぬものが人体への危険性がないとは言いきれません。

 

 

遺伝子組み換えでの健康被害が報告されていないとしても、

出来ることなら安全性の高いものを選びたいものですから、

難消化性デキストリンを摂取する際には原産地のチェックをしましょう。

 

 

難消化性デキストリンの副作用は?

難消化性デキストリンはお薬ではないので基本的には

用法・用量を守れば副作用の心配はありません。

 

 

しかし難消化性デキストリンは食物繊維の一種ですので、

多量の摂取は避けた方が良さそうです。

 

 

水溶性の食物繊維は善玉菌を増やしたり

腸内環境を整えてくれるので便秘の改善には効果的ですが、

一度に摂りすぎるとお腹が緩くなってしまう事がありますので

注意が必要です。

 

 

難消化性デキストリンを摂取する際には

一度に大量に摂取すれば

その分一気に痩せるというわけではありませんので用量は守り、

一緒に水分をしっかりと摂るようにしましょう。

 

 

難消化デキストリンを適量摂るのであれば、

ダイエットサプリなどに、難消化デキストリンが含まれています。

 

ダイエットサプリには他にも脂肪燃焼効果のある成分や

美容効果も期待できる成分がはいっていますので、

便秘の解消以外に美容効果も期待できるのはうれしいですよね。

 

 

難消化デキストリンの入っているダイエットサプリで、

便秘の解消とダイエットを同時にするのもありですね。

 

 

難消化デキストリン配合のダイエットサプリはコチラ

ミスココ(Miss.CoCo)は効果なし!?ダイエットと便秘と美容成分も入っているのになぜ?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ