難消化性デキストリンの効果的な飲み方やタイミングが知りたい!

近年トクホ系の飲料ダイエットサプリに含まれているとして話題の

難消化性デキストリンをご存知ですか?

 

 

トクホ系の飲料やダイエットサプリに含まれているという時点で、

なんとなくダイエットに効果的なものという事は

お分かり頂けるかと思います。

 

 

難消化性デキストリンとは水溶性の食物繊維の一種で、

ダイエットに効果の高い様々な働きをしてくれます。

 

 

せっかくダイエット効果のあるものなら、

更に効果の高まる飲み方タイミングを知っておいた方が得ですよね。

 

 

今回は、難消化性デキストリンの正しい飲み方や

タイミングについてのお話です。

 

 

難消化性デキストリンはどうやって摂る?

トクホ系のお茶やダイエットサプリに含まれている

難消化性デキストリンですが、それらを活用するのもいいですし、

粉末タイプで売られているものを利用する方法もあります。

 

 

粉末タイプのものは特に味もなく、少しとろみが付く程度なので、

料理やスープ、ジュースやコーヒーなどに溶かす

スムーズに摂取する事が出来ます。

 

 

難消化性デキストリンは耐熱性にも優れているので

暖かいものに溶かせるという事が様々な料理に利用できて便利です。

 

 

熱を加えると成分の効果がなくなってしまうものなどもあるので、

難消化性デキストリンは、ご自身の好きなものに合わせて

使い分けられるというのが嬉しいですよね。

 

 

ではタイミングについてですが、

飲むタイミングで効果は変わってくるのでしょうか?

 

 

難消化性デキストリンを飲むタイミングはいつがいいの?

難消化性デキストリンの正体は食物繊維だというお話をしましたが、

具体的な働きが分からなければ飲むタイミングも難しいですよね。

 

 

ダイエットに効果的と言われていますが、

いつ飲んでも効果を発揮してくれるわけではありません。

 

 

難消化性デキストリンの働きは、糖質の吸収を穏やかにし、

血糖値の急上昇を防いでくれるというものです。

 

 

ですから、食事と一緒に飲んだり食事に混ぜて摂るというのが

ベストのタイミングです。

 

 

太らない食べ方として、

炭水化物の前に汁物や野菜を摂るという方法がありますが、

難消化性デキストリンも同じように、

食前に飲めば適度にお腹を膨らませてくれて、

その後に摂る糖質の吸収を抑えてくれるようなので食前もオススメです。

 

 

しかし、摂取量を増やし過ぎるとお腹が緩くなってしまう事もありますので、

適量を守るようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ