大人のカロリミットに副作用はある?妊娠中や授乳中の影響は?

ダイエットの為にサプリメントを飲むにあたって、

副作用などが心配になる方もおられるのではないでしょうか?

 

 

体質に合う合わないもありますし、

妊娠中や授乳中となると赤ちゃんへの影響も気になりますよね。

 

 

そこで今回は大人のカロリミットの副作用と、

妊娠中や授乳中に飲んでも問題ないのかを調査してきました!

 

 

大人のカロリミットで考えられる副作用は?

沢山食べたいけどダイエットもしたいという方に

オススメの大人のカロリミットですが、

基本的にサプリメントはお薬とは違うので副作用の心配はありません。

 

 

大人のカロリミットには6つの成分が含まれており、

どれも自然の植物や食物から由来する安全性の高い成分となっています。

 

 

しかし、いくら副作用の心配がなく、

ダイエット効果の高い成分から出来ているからと言って、

どなたでも安全とは言いきれません。

 

 

大人のカロリミットは、

「糖尿病の方」「血液降下剤を服用している方」「アレルギーをお持ちの方」は注意が必要です。

 

 

 

大人のカロリミットには糖分を分解する成分が含まれているので、

糖尿病や血液降下剤を服用中の方は何らかの影響が

出てしまう可能性がありますし、

含まれる成分の中にはカニやエビやキノコから

抽出したものも含まれています。

 

 

心配な点がある方は、大人のカロリミットを飲む前に

医師に相談するようにしましょう。

 

 

大人のカロリミットは妊娠中や授乳中はNG!?

妊娠中に増えすぎてしまう体重や、

産後に産前の体重に戻す為に大人のカロリミットを利用できれば、

体重のコントロールもスムーズに出来そうですよね?

 

 

しかし、大人のカロリミットは妊娠中や授乳中に

飲んではいけないと決められています。

 

 

どうしてNGなのかと言うと、

大人のカロリミットには食事から摂った糖や

脂肪が体に吸収されるのを抑える成分が含まれています。

 

 

それによってお母さんは痩せられて嬉しいかもしれませんが、

赤ちゃんはどうでしょうか?

 

 

糖や脂肪が吸収されずに体外へ排出されてしまっては、

赤ちゃんへ充分な栄養が行かなくなってしまいます。

 

 

妊娠中は勿論、授乳中も母乳から赤ちゃんへの栄養を

運ぶわけですから、バランスの良い食事が基本です。

 

 

大人のカロリミット自体に危険な成分が

含まれている訳ではありませんが、妊娠中や授乳中の体重管理は、

食事の量の調節やウォーキングなどの運動でコントロールし、

卒乳してから飲むようにしてくださいね。

 

関連記事

大人のカロリミットの14日分が980円で試せるって本当?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ