野菜食べ過ぎて便秘になる?原因は食物繊維の摂りすぎ!じゃあ便秘の解消はどうすればいいの!

便秘の解消をするにはどうしたらいいかと言えば、

食物繊維を摂る為に野菜をたくさん食べると

便秘解消になると思われていますが、

野菜を食べすぎて便秘になる事があります。

 

 

野菜と言え食物繊維が豊富に含まれているので、

便秘解消にいいのですが、

この食物繊維が便秘の原因の場合が有ります。

 

 

ここでは野菜を食べすぎて便秘になる原因と、

解消法を紹介します。

 

 

野菜の食べ過ぎで便秘になる原因

食物繊維と言っても、

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

この2種類があるのはご存知でしょうか。

 

 

野菜を食べ過ぎて便秘になるのは、

この不溶性食物繊維の摂りすぎなんです。

 

 

不溶性食物繊維は

主に野菜・ご飯・豆類などに含まています。

 

 

水分を吸って膨らむことで腸を活性化させて、

蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便秘を解消するんですね。

 

 

所が、あまり多く摂りすぎると、

水を吸い過ぎて固くなってしまいしまい、

便秘になってしまうことがあります。

 

便秘に必要なものは不溶性食物繊維より水溶性食物繊維

不溶性食物繊維が含まれる食品を食べ過ぎると便秘になりやすいのですが、

水溶性食物繊維は便秘の解消に、積極的にとってももらいたい食物繊維です。

 

 

 

水溶性食物繊維は善玉菌のエサになって善玉菌を増やします。

善玉菌が増える事で、腸の環境が良くなり便秘が解消されます。

 

 

水溶性食物繊維が含まれるのは、

海藻・納豆・ネバネバの野菜・ごぼう・果物などです。

 

 

野菜を食べ過ぎて便秘になるより、食物繊維と一緒に乳酸菌を摂ると効果アップ

水溶性食物繊維も便秘解消に効果が有りますが、

さらに便秘解消効果を上げるには、

水溶性食物繊維と乳酸菌を同時に取るといいです。

 

 

便秘に効果のあるものとして

乳酸菌が効くと聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

乳酸菌は食物繊維を餌として増殖します。

増殖すると当然ながら乳酸菌の効果が増しますよね。

 

 

乳酸菌の中でも特に強いのが有胞子乳酸菌と言います。

有胞子乳酸菌とは菌の周りを胞子で包まれた乳酸菌の事で、

有名なのはスポロ乳酸菌があります。

 

 

ちなみにこのスポロ乳酸菌はお菓子の『ビスコ』にも入っています。

 

 

また乳酸菌と同じように便秘に効果的なものはビフィズス菌ですね。

 

 

ビフィズス菌も乳酸菌と同じように、

整腸作用や殺菌作用で腸を整える働きがあります。

 

 

そのビフィズス菌のなかでも強いのが

ビフィズス菌BB536というもの。

 

 

こちらもコマーシャルでやっている

森永製菓さんのヨーグルトに入っています。

 

 

このように、水溶性食物繊維とスポロ乳酸菌とビフィズス菌BB536を摂れれば便秘の解消につながるという事ですよね。

 

 

だから、海藻・納豆・ネバネバの野菜・ごぼう・果物を食べながら、ビスコとヨーグルトを食べればいいんです。

 

 

でも実際そんなに食べていたら太ってしまいますよね。

 

 

そこで、この水溶性食物繊維と乳酸菌とビフィズス菌が入った商品が有れば、

便秘の解消に効果が有ると思い探した所、

そんな夢のような商品が有ったんです。

 

 

便秘解消に必要な成分が入った商品とは?

水溶性食物繊維と乳酸菌とビフィズス菌が入った商品、

それはダイエットサプリのミスココでした。

 

 

難消化デキストリンという成分が入っていますが、

これが水溶性食物繊維に当たります。

 

 

この難消化デキストリンが含まれている市販のお茶などは、

皆さんも良く知っている商品なのですが、

・からだすこやか茶

・食事と一緒に十六茶W(ダブル)

・キリン メッツ コーラ

どの商品もトクホ(特定保健用食品)に指定されている商品ですから驚きですね。

 

 

さらにミスココには、スポロ乳酸菌とビフィズス菌BB36が含まれているダイエットサプリですが、

便秘にも高い効果が期待できる商品です。

 

 

便秘でお困りの方は、ダイエットも出来るミスココを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ