有酸素運動をすると頭痛がするのはなぜ?その原因と対処法とは

有酸素運動がダイエットに効果的という情報が浸透していますので、

太ってきたなと思った際に有酸素運動を取り入れてみようと

思われる方も多いかと思います。

 

 

しかし、中には有酸素運動をすると

その途中や後になって頭痛がするという方もいるようです。

 

 

ダイエットは日頃食べ物なども我慢する機会が多いので、

更に痛みまで我慢しなければならないとしたら

辛くて続けるのも嫌になってしまいますよね。

 

 

有酸素運動で頭痛がするのはどうしてなのか、

原因と対処法についてまとめてみました。

 

 

有酸素運動での頭痛は症状によって原因も違う!

まず、頭痛の内容によっても原因は様々ですので、

ケースごとにお話していきます。

 

 

鈍痛が続く場合

この場合は脱水症状による頭痛が多いようです。

 

 

脱水症状とは夏だけに限ったものではなく、

油断をしていると寒い時期にも起こり得ます。

 

 

水分を摂ってから身体に吸収されるまでは

時間がかかりますから、一度水分を摂ったからと安心せずに、

有酸素運動を行う際はこまめな水分補給を心掛けて下さい。

 

 

めまいや吐き気も伴う頭痛の場合

こちらは低血糖の可能性があります。

 

 

糖は主に身体を動かすエネルギー源なので、

有酸素運動によって失われて血糖値が下がると、

頭痛がしてしまう場合があるようです。

 

 

ダイエット中に食事制限をされている方は

特に炭水化物や糖を抜きがちなので注意が必要になります。

 

 

身体のだるさや食欲不振を伴う頭痛の場合

こちらは低ナトリウム血症の疑いがあります。

 

 

塩分も身体には必要な成分で、

有酸素運動によって沢山汗をかくと体内の塩分が排出されて

不足してしまいます。

 

 

それによって頭痛がしてしまう事があるので、

スポーツドリンクや塩飴などで塩分の補給も欠かさないようにしましょう。

 

 

有酸素運動中に頭痛がした時の対処法は?

上記でお話させて頂いたとおり、

頭痛の原因も様々なので、対処法もそれぞれ変わってきます。

 

 

ですが、全体的に共通して言えるのは、

運動をする上でこまめな水分補給、

エネルギー源の糖分と塩分は必要不可欠ということです。

 

 

有酸素運動を取り入れてダイエットに励んでいる中で、

頭痛に悩まされるのは避けたいところなので、

頭痛がしてしまったらまず

水分と糖分と塩分を兼ね備えたスポーツドリンクなどを飲んで

様子を見るようにしましょう。

 

 

それでも治まらない場合は別の原因も考えられますので、

無理せず医療機関で診察を受けてください。

 

 

有酸素運動前には頭痛が起きないように

事前に対策をされてから取り組んでみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ